車買取 注意点

車買取の流れと注意しておきたいこと

自分が利用していた車を売るというのはそんなに難しいことではありません。

 

車買取の流れは、自分が持っていた車を業者に査定してもらい、
提示された買取価格に満足出来たら売却するための手続きをとるというもので、
非常にシンプルなものです。

 

手続きは基本的車買取業者が行うものですから、
契約書を作成する為にサインしたり、必要な書類を用意する程度、
あとは自動車税を治めていた証拠の証明書と印鑑証明などがあれば十分です。

 

注意点として挙げなければいけないことはそんなにありませんが、
敢えて言うならば契約書にサインする前に、しっかりと契約書を読んでおくということです。

 

契約書には車の状態などが記されており、こうした状態によって車の買取価格が変化します。

 

この部分に誤りがあった場合は後々訴訟などの原因になりかねませんから、
自分が把握している状態と記されている状態に誤りがないか確認する必要があります。

 

不安であればスタッフにきちんと確認することをおすすめします。
こうしたことに気をつければ車買取は誰でも簡単に行うことが出来ます。

 

 

 

車査定の独り言・・・

 

買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。
高めの査定金額で安心させて、契約をさせておいて、あれやこれやと文句を付けて当初とは全く違う低い金額で買い取ろうとしてくるのです。
それで買取に出すのを止めようとすると、今は車はここにはないなどと言い、運送や保管にお金が掛かったからなどと言って車の返還と引き換えにお金を要求する手口もあります。
また、その他の例としては、車の受け渡しを済ませたのに買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。

 

フィット 高く売る方法