ホンダ 車 セールスポイント

ホンダ車のセールスポイント

ホンダ車のセールスポイントは、技術力が非常に高いところです。2011年から販売されているホンダのN-BOXは、非常に好評で、ホンダの代表的なコンパクトカーです。

 

フィットで成功したセンタータンクレイアウトの技術を踏襲することで、かなり広い車内空間になっています。

 

軽自動車業界は、ダイハツとスズキに二分化されていたのですが、このホンダのN-BOXの登場により、大きくその様相が変わりました。

 

ホンダ車のセールスポイントは、技術力の高さにあり、空間的に余裕のある前席下に燃料タンクを薄くしてレイアウトしています。
そのことで劇的に室内空間を広げています。ホンダは、ボディ形状の複雑さを解消するため、特別の樹脂により、
燃料タンクを成形しています。

 

ホンダ車のセールスポイントは、使い勝手の良さもあり、一度、ホンダの軽自動車に乗ると、それ以降は、ホンダ車以外に乗る気がしなくなります。
ホンダ車は、乗り心地がよく、オデッセィ、フィット、フリード、いずれの車も乗り心地が非常に良いです。

 

程よい振動で嫌な振動ではありません。嫌な振動が伝わらないよう、
ホンダ車には独自の工夫がされています。程よい振動を感じることができるので、車酔いになる心配がありません。