フィット 3年落ち 相場

フィット3年落ちの相場

ホンダフィットを新車で購入すると、最初の車検は3年目です。
この時期にフィットを買い替えるという人は実は多く、中古車市場でも3年落ちのフィットは人気があることから3年落ちの相場というのは割と高めの相場を成していると考えられています。

 

しかし、3年落ちのフィットの場合には、走行キロ数によって甚だ査定額に違いが見られると言われています。
3年落ちの車の通常の走行距離は3万キロで、この3万キロ弱近辺の走行距離のくるまが比較的高い見積りが出やすく、2万キロを超えていないフィットのケースでは、展示車や未使用車を除くとやや走行距離不足で査定が低目になると言われています。

 

逆に3年落ちのフィットで走行キロ数が5万キロをオーバーしている場合には、
大きく査定額が下落することがあります。

 

これは過走行車といわれていて、標準を大きく上回る走行距離であることが影響するようです。しかしながら、フィットの中古車は個々に状況によってかなり査定額が変わってきますので、車買取一括査定サイトなどを利用して、愛車フィットの査定を一度行ってみるとよいようです。

 

車買取一括査定サイトで査定をしたからと言って必ず売却をしなければならないというわけではありませんので、試してみてください。

 

以下は「かんたん車査定ガイド」の無料一括査定です。入力にかかる時間は30秒程度。しかもクリック後わずか1秒たらずで最大10社の査定額が分かります。

 

 

 

 

車査定の独り言・・・

 

車買い取りにおいては、通常は契約した後に減額されたりすることはあり得ません。
ですが売買契約書をよく見ると、仮にその車に事故歴があったりした場合は申告する義務について記されています。
この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時は、
売買契約後でも事後減額要求が可能になっております。注意しましょう。

 

 

フィット3年落ちの相場